トピックス記事

いわき地区電気工事協同組合は福島議定書事業に参加しています

 

福島議定書事業については福島県のホームページでご確認ください。

平成29年度福島議定書事業(従来編)のパンフレットはこちらをご覧ください。

 

いわき地区電気工事協同組合の福島議定書事業取り組みについて

 

わたしたちは、温室効果ガスの排出量(二酸化炭素換算)を基準年(平成28年)より50%減らすことを目標に、

以下のような取組を実施します。

節電 ・事務所建物内の照明をLED照明へ更新し、使用量を削減する。

・事務室の空調機1機を高効率エアコンに更新し、使用量を削減する。

節水 ・節水に関するポスター等の掲示。

・手洗い、食器洗いの水の少量化。

・トイレ洗浄水の少量化。

使用燃料の削減 ・エコドライブ実践の意識付け。

・短距離移動は自転車を使用。

温暖化対策の取組意識向上のための工夫 ・太陽光発電設備をすでに導入しているので、その実績を伝える。

・資源リサイクルへの取組みを推進。

・温暖化対策等のポスター掲示。

職場交通マネジメントの取組

(クルマ通勤からの転換)

・公共交通機関利用による通勤の推奨。

・出張時の公共交通機関の利用推進。

ゼロエミッションの取組

(廃棄物ゼロ)

・地域の分別マニュアルに沿った分別徹底。

・資源ごみをリサイクル業者に回収委託。

 


当組合の太陽光発電稼働状況をアップしています。

トップ画面右側の『太陽光発電稼働状況』をクリックしてください。

一日の発電量、売電量や3ヶ月ごとの発電量、売電量などが見られます。

 


組合加入時の加入金(一時金)のご負担を軽減しました。

組合加入時にお支払い頂く加入金(一時金。退会時にお返し出来ません。)を70万円から30万円に値下げしました。

加入時の金銭的負担を軽減しましたので、ご検討ください。

詳しくは当組合事務局へお問い合わせ下さい。